Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://bluehappy.blog96.fc2.com/tb.php/37-1714f2f3

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

らき☆すた 第6話「夏の定番」 感想

てな訳で毎度毎度一日遅れの感想でも。

・お―――い 交通安全課――!!?
後のシーンでもわかりますが、アニメになって"人格変わる度合い"がレベルアップしてますね。

・両方ハズレだったとは――――!!
ゆい姉さんに合わせてこちらもスキルアップしてます。
あんな袋小路やら小学校の校庭やらに入り込めるほうがある意味凄いと思いますが。

・何このチョメチョメD的な走りはー!!
新監督自重しろ。(褒め言葉)
実はイニD見たことないんですが、ナンバーのモザイクやコップの水の揺れなんかもパロディらしいですね。
"これはまさか……"と思って見てたら、いきなりタッチの違うゆい姉さんの顔が出てきて思いっきり吹きました。
走行車線守らない交通安全課の婦警もどうかと思いますが、まあ彼女、クリスマスに旦那が帰ってこないからって酒飲んで泉家まで車飛ばしてくる人ですから(流石にこのネタは放送できないでしょうけど)。

・さて、旅館でもさがそか?
どう見ても雛(ry

・こなたさんスクール水着<ソレ>は本気っすか!?
原作ではこの辺まで来るともう完全にKOされてましたね。こなた最高。

・スイカを銃なんかで破壊しちゃった日には全身スイカまみれだからね
こういうところにもパロネタを絡めてくるのを見ると調子が戻ったと言うか何と言うか。
ふもっふのこのエピソードは見たような見てなかったような気がします。

・海はナンパのメッカなのに、あたしたちって縁がないよね
あれをナンパする奴がいたらそれはそれで問題あると思うんですが人として。

・よっこいしょういちっと
そこにまでネタの枠広げますか。
横井庄一自体は知ってましたが、この言葉が流行ったなんて事は知らなかったです。
にしてもここの尻のどアップといい、今回妙につかさ様のサービスカット多い気がします。良いことですが。

……ひょっとしたら、本当は「よっこらセックス」って入れたかったんじゃなかろうか……?

・見よこの具のないカレー。流石海の家!
非常にわかります。ラーメンとかコンビニ以下かも知れない不味さなんですけど、だがそこがいいってやつ。
やっぱ食べ物の"美味しさ"ってのは純粋に味だけで決まるわけではないんでしょうね。

・ふんどし一丁で海を走るほどじゃないよ
味っ子かー。
回を追うごとにつれてネタの難易度が上がっているように感じるのは俺だけですかそうですか(味っ子見てない人)。


・お風呂シーン
なんか青いのがわっしゃわっしゃうるさいんですがw
髪が短いので一人だけサービス全開な方がいらっしゃいます。

・少し長くなるのですが
みwiki(正直この呼称に慣れない)発動。
というかこれ前々回でこなたが批判してた某長門の長回しそのまんまじゃないですか?

・ティモテ~ ティモテ~
ご多分に漏れず俺も知らないんですが、でもどっかで聞いたことあるんだよなあこのフレーズ。どこだっけか……。

・セーブはコマ目にね!
はい先生!
みゆきさんににじり寄るこなたの動きが何か好き。

・だからナンパよ、ナンパ
あれ?一瞬テレビにやる夫が映ったような気が……
というかそんなに男に飢えてるのかかがみんは。

・ナマな会話だねぇお二人さん
うーん、感想出そうとしても全て不穏当な発言にしかならないw

とりあえずこの一連のシーンに関してはこの一言で。

みwwwwなwwwwwwwwwぎwwwっwwwwてwwwきwwwwたwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

今回録画したのは永久保存決定。

・大声で『DANZEN!!ふたりは○○キュア』を歌いだしたんだよおおおお!!!!
何かこれ、どうもマジ話に聞こえるんですが。

・佐清DEATH☆
こなたの声だと分かるまで数瞬を要しました。
そういやこれも角川だっけ?

・犬神家↑☆
佐清からのコンボで笑い死ぬかと。

・私、そんな面白いこと言えないとです
アドリブ連発の人が今さら何言いますか。
AIRっぽいしみじみとした演出からいきなりヒロシネタなんて、並の人間にできることじゃないと思いますよw

・実際聞いてみた
トリビアですよね?
前回かがみの見ていたテレビも多分なんかのネタだろうと思いますが聞き取れませんでした。
にしても柊父の原作からのイケメン変貌ぶりは凄いと思う。

・まさかあたしをゴミ箱に使ってるんじゃ
長女と次女の見分けがまだはっきりつきません……。
この落ち着いてる方がいのり(長女)だっけか。

・中学の教科書
数学って見えるけど、うちはこれじゃなかったなあ。
好きな科目のはとっておいてある筈。あと英語のも(トム的な意味で)。

・ゆかりさん登場
ゆゆこ様いうなwwww
この作品は母親キャラも皆魅力的ですよねー。

・らっきーちゃんねる
今回はもはや最初から黒モードで飛ばしすぎですwwwww
スマイルのまま台の下で蹴りか何か入れてるとこが今回一番好き。

・オタクってハウスな人ですよね
ハウス違いだwwwww

・たとえ頭に巻いたバンダナが搾れるくらいに濡れようとも!!
アイドルオタが何か馬鹿にされてる気がしますがww
アイドルってリアルでこんな感じなんでしょうかね……。

・その時、特派員が見たものは!!
「やっといて」と言われて瞬時にこれが出ますかww

・今回のEDは?
つかさ様はそう来たか。
世代じゃないもんでバレンタイン・キッスっていうとテニプリ版の印象が強すぎますw
しかしこのこなたノリノリである。



こ……これが"京アニが「その域に達している」と判断した"監督の底力か……!!
前回文句言ってた俺ちょっと校舎裏来いよ。


半クール過ぎたので、寸評的な意味も込めてちょっと。

漫画やライトノベルなどがアニメ化される際、その作品は原作者の手を離れた別の作品となります。それはある意味"公的な二次創作"とも言えるでしょう。
ごく個人的な考えで恐縮なのですが、二次創作において重要なことというのは

"いかに元となる作品(一次創作物)の雰囲気を崩さず、しかしその作品及びその作品のキャラクターの新たな魅力を引き出せるか"

という点にあると思います。
例えば、パロ同人誌で原作と全く同じ話を書く人はいません。それは、(パクリとか云々の前に)そうしたところで原作の劣化版しか出来上がらないのが目に見えて明らかだからです。
「原作に忠実」というのと「原作の雰囲気に忠実」というのでは大違い、ということ。

"公的な二次創作"と言えるアニメ化においてもそれは同じ。
アニメ版らき☆すたは原作の持つ"ゆるゆる感"と"キャラ萌え"というアウトラインを守りながら、4話までにおいて"強烈なオタクネタ・パロネタ"というアニメ版独自の味を加えてそのフォーマットを固めてきました。
原作からのファンの中ではやはり拒否反応もあるようですが、二次創作としてのアニメ化という観点からなら合格点を与えられるものだと思います。

そして前回からの監督交代によって、アニメ版の味であったパロネタが弱まったようにも見えましたが、今回"そんな心配は無用だ"とでも言うかのようなイニDネタに始まるパロの連撃、
そして今後原作でもおそらく無いであろうお風呂シーン(お風呂シーンというものは単純かつ簡潔でありながらキャラ萌えを表現するに当たって最大限の武器足りえる物だと思います)、そしてそれに追い打ちを掛けるかのようなシモ会話。

今回でこの作品は、"アニメ版らき☆すた"としての最大進化を遂げたと評しても過言ではないと、そう感じました。


さて、質が上がったということは"これから落ちることもある"ということ。
次回以降この質を維持できるか、ということも見どころの一つであります。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://bluehappy.blog96.fc2.com/tb.php/37-1714f2f3

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

Author:hiro
俺の目の前、強え奴ばっかだよ。

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。