Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://bluehappy.blog96.fc2.com/tb.php/14-c9e9aee5

-件のトラックバック

-件のコメント

[C9] おいおい!

世にも奇妙な物語昼やってんのかよ!
SPいつっすか!?

[C10]

26日じゃなかったっけ

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

クロス・マイフィンガァァァァッ!!

とか書くと必殺技っぽくなりませんか?

SPの放送が近いこともあって、最近昼に『世にも奇妙な物語』の傑作選をやってますよね。
『奇妙』は俺の好きな番組の一つなんですが、最近どうも良作に恵まれない感があります。
そんなわけで今日は"この布陣なら最強だろう"と思える『奇妙』の話を、スペシャル一本組める五話分で挙げてみましょう。

あ、微妙にネタバレ含むかもしれませんのでお気を付けて。

一本目 「見たら最期」
ホラー枠から一つ。
「急患」とどちらにするか悩んだんですが、ラストシーンに全てをかけた「急患」に対してこちらの方が"全体的に怖い"と思ったんで。
ぶっちゃけリングの類話みたいなもんなんですが、それを『奇妙』の一編たらしめているのはやはりあの視聴者まで巻き込むラストですよね。
あとサブリミナルは反則。

二本目 「ハイ・ヌーン」
個人的に『奇妙』で一番好きな話。
主人公は一体何者なのか。一体何を考えているのか。何故そんなことができるのか。全てが分からない。そしてそれらの疑問を全て勢いで押し切る。「奇妙」という言葉がこれほど似合う話もそうそう無いんじゃないでしょーか。
客達と一緒になって"どうなるのか"と事の顛末に注目し、主人公が偉業を成し遂げたことを素直に"凄い"と思っているところへ叩き込まれる予想の裏をかいたオチ。
オチ自体は読めるものかもしれませんが、ギャラリーを増やして盛り上げることによって"オチを考えさせない"様にしているとも思えます。少なくとも俺はハメられました。
原作があるそうですが読んでみたいなあ。
ところでさっきようつべで確認するまで、舞台をファミレスだと間違って記憶してましたw

三本目 「ズンドコベロンチョ」
『奇妙』における最高傑作と名高い一本。コメディ枠としては「BLACK ROOM」とで迷いましたが……やはりこちらの方が『奇妙』らしいな、と思ったので。どんな話かは敢えて述べませんw
ところでズンベロの扱いって牛の首の話に若干似てるよなあ、と思ったのは俺だけ?

四本目 「夜汽車の男」
とにかく勢いに惚れた一本。視聴者置いてきぼりで繰り広げられる弁当の分析には笑いました。
オチも非常に良いと思うのですが、あのオチは直前の"ソースかマヨネーズか"の駆け引きへの勝利があってこそ効いてくるものだと思います。一安心したところへの思わぬカウンターと言うか。
……ここまで書いて話の持って行き方が「ハイ・ヌーン」と似てるなぁ、と思いました。食べ物ネタだし。
対照的なのは"主人公の考えてることが視聴者に分かるか否か"ってことですかね。

五本目 「思い出を売る男」
感動枠から一本。
記憶を絡めたネタは『奇妙』には結構あるように思うんですが、コレが一番好きですね。感動枠だとあとは「時の女神」あたり好きなんですが、初めて見た時の感動はこちらが上。
単純に記憶が戻るような安易なオチではないのも好印象。



うーん、我ながら鉄板作品ばかり選んじゃったなあ……。
「おばあちゃん」「王将」「超税金対策殺人事件」「ダジャレ禁止令」
などなど好きな作品はもっとあるのですが、完成度の面から見るとやはりこの辺になってしまうよなあ。

ところで次のSP、『Y氏の隣人』で見たような話が二本ほどあるような気がするんですが俺の思い過ごしでしょうか。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://bluehappy.blog96.fc2.com/tb.php/14-c9e9aee5

0件のトラックバック

2件のコメント

[C9] おいおい!

世にも奇妙な物語昼やってんのかよ!
SPいつっすか!?

[C10]

26日じゃなかったっけ

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

hiro

Author:hiro
俺の目の前、強え奴ばっかだよ。

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ内検索

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。